• 豚星なつみPigstarNatsumi

あっという間なのか、長いのか、とっても不思議な6ヶ月。

そう、フランスにやってきたのは11月の頭でした。

来て早々、結婚式をこの町Saint-Denis(サン・ドニ)の市役所で行い、日本からも家族が来てくれて、披露宴的なのもちょっと1時間ほど離れた田舎の古い小さなお城を貸し切って開催。


フランスのファミリーはとっても元気で、パーティが大好き!全てが手作り、自分たちでやっちゃうのがフランス式みたいで、そんなの大好きな私は、日本で手作りの結婚パーティWedding Trainを作っちゃったから、フランスではお任せしました。(日本のパーティの話はまた)

こんな体験もできるのも不思議な感じで、そしてとっても楽しかったぁ〜♪さぁ、ここからフランス生活が始まるんだって、わくわくとドキドキでした。

    一気に家族が増える〜〜→



 それから、山盛りある手続きをこなさなきゃまずは住めない。税金や保険、銀行の通帳作りと、、でも一番はビザ! なんと、日本を離れる時、あまりにも忙しすぎて手続きを怠っていたのです。。。あぁ、わたしらしいというか、どうにかなるって思って、帰りの飛行機もとってないけど、空港でちょっと止められたけど 笑

さてさて、そのビザ、フランスでも手続きできる!ってことでいろんな人に相談してみる、弁護士の無料相談に行ってみたら、「多分大丈夫、でも県庁に行って問い合わせてみて」てな事を言われて、県庁に行ってみると、、、3時間は待って問い合わせてみると、「日本人でしょ、だったら日本に帰ったほうが早いよ」。。。 私「あぁ〜帰るのかぁ」

ってことで、どこかのタイミングで帰る事を選ぶことに。



 色んな手続きも進めながら、時々パリ中心部にお買い物に行ったり、電車の乗り方も覚えながら少しずつ慣れて行こうと日々を楽しんでいると、、、

12月に入る前からストライキが始まり、行こうと思っていた映画も行けないから家でのテレビをみる。そしてこのストライキは多分クリスマスまで続くだろうと言われながら、時々片道3時間くらいかけてパリ中心部までお出かけしてみた。本来なら早くて40分くらいで着いちゃう距離なのに、でもイギリスにいるお友達がやってくるから、一緒にルーヴル美術館へ行きお茶をする♪

街はクリスマスの雰囲気でとっても賑わっているんです!!わくわくは急上昇〜

そんなクリスマスもほんの少しだけ味わって、あとは近所のクリスマスマーケットにお出かけすることに。

後は、お姉ちゃんから料理を教わったり、日本での生活のハード過ぎたことからの開放なのか、疲れがドドーーっとやってきて、毎日のんびりした日々でした。


 あっと言う間に年明け!そう、ビザを取るために日本に帰ることを計画。審査をうけるまでに3週間は開けてくださいって書かれていたので、約1ヶ月帰りました!日本だと生活スタイルは元にすぐ戻っちゃうのね〜不思議。

3週間も立たずにビザは発行されたのでまたフランスでの生活はできることに♪よかったぁ〜ってほんと一安心した!


↓豚と一緒に♪フランスの農業祭(Salon de l'Agri culture)にて


さぁ2月からフランスで本格的に生活だ!って思ったけど、なんだか中国ではコロナウィルスというものがやってきてると、うむーどうなるんだろう、でも空港とかはまだチェックもされないし大丈夫かなって、3月はさふちゃん(旦那さん?おっと?なんて呼ぶ?笑 やっぱり、さふちゃんで 笑)のお休みがとれるので、新婚旅行に行こー!って計画してたのです。 フランスに帰ってからもまた生活リズムを整えるのに時間がかかってしまってた。

ビザがとれてからは、移民局に登録してまずはテストがあるんです!

そのテストは、もちろん全てフランス語、書きテストと担当の人とのトークテスト!結果、23て〜ん!100点満点中ね。でもほぼ勉強をしてなくてなんとか点数がとれた事に感動!そして、ここでも大量の資料と今後のスケジュールの打ち合わせもして(ほぼフランス語、時々英語もあるけど、、、)私に与えられた次の授業と手続きの資料を持って家に帰り、そのまま新婚旅行に行く!(まさかの新婚旅行の初日とテストの日が被り、、、電車をキャンセルして、夜の飛行機でいくという)



 新婚旅行はスペインにしたんよね、色々調べて準備して、予約して約一週間の旅を。しかし、コロナの波は結構やってきていて、一週間ほど前に日本から旅行に行った友達もまだ大丈夫だったよ〜って言ってたし、行ってみる!

まだまだ大丈夫そうな感じ、そして旅をするにつれてどんどん怪しくなり、マドリードはほぼ閉鎖になりそうと、なので予定変更して最後のバルセロナは中止にして、早くフランスに戻る事にした。

帰ってきて次の日には、ロックダウンとなる形を発表され、、、家に篭ること1ヶ月以上が経った今日この頃。



 色んな情報も見て、日本も心配になったり、体調もまた崩したりとあったけど、今流行りのZoomとかいう動画でたくさんの人との話をしたり、気功?体験したり、なんだか気持ち切り替えていけるようになった!最近はお菓子や飲めるカレーも作れるようになったんよ!

もちろん、ブタのイラストはリアルなブタを見て描けるように練習中〜*\(^oo^)/*

私の一番の癒しはなんといっても『ぶた』なんだなって 笑


それぞれの面白い話も、これから少しずつ記事にして行こうと思います♪

ようやく、自分のやりたい事、やる事、見えてきた気がするっ☆

世の中も充電期間でなんかうれしい〜なんて不謹慎かもだけど、この自然の流れは何か意味があるのかなっとも思う。



さて、第二の人生をスタートんじゃぁ〜〜*\(^oo^)/*

  • 豚星なつみ

最終更新: 5月28日


2019/6/4〜9まで、OPAM(大分県立美術館)にて行われた『第50回大分平和美術展』に出展しました。


2019年3月1日韓国独立100年祭に行ってパレードの人に布の上を歩いて貰った。

それをベースに作品に仕上げ、文字の花輪へと続く道へとした。 企画=山ん葉 制作=豚星なつみ/浦田夏希/韓国の人々

『1994・4・6 Hate ∞ Genocide 25th/Rwandan』 ルワンダ大虐殺から25年。ヘイトから生まれた憎悪がラジオを通して拡散され虐殺へと煽動された。

格差と排他的主義が世界で広まっている現代への教訓として。

フランス語で「苦しい、涙、差別、貧しい、妬み、悲しい、憎い、憎悪、復習、嫌悪、虐げられる、煽動、辛い」という言葉が入っています。 企画=山ん葉 制作=豚星なつみ/芳賀健太

  • 豚星なつみ

最終更新: 5月28日


2019年3月16日(土)ゆふいんの森の30周年をお祝いして、11:36由布院駅着のゆふいんの森号をお出迎えするために、、、

由布院幼稚園児たちと一緒に横断幕を作りました。

子どもたちは手形を押して色を付ける方法で、ぺたぺた押してもらい。最後の仕上げは私が描きました~~

全長約12m、車両1台弱!由布院駅舎の一番高い所も12m 笑

到着時には、由布岳をバックにおきゃくさまをおむかえ。

そのあと、ホームに行き、ゆふいんの森と一緒にみんなで記念撮影~~

帰りには、JRのオリジナルノートと私のオリジナルポストカードをプレゼントです~^(00^)/☆彡


#ワークショップ


© 2016 by Artist Corner. Proudly created with Pigstar Natsumi 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now